株式会社PAP
採用ホーム > 先輩社員インタビュー > Vol.1 佃 和磨 編

先輩社員インタビュー 佃 和磨 編

スペシャルムービー

このインタビューを受けてくれたのは・・・?


佃 和磨

KAZUMA TSUKUDA

名城大学 理工学部
材料機能工学科 出身

 ものづくりに関わる仕事がしたいと思い、株式会社PAPに新卒で入社。入社の決め手になったのは求人広告にあった「技術の伝承」という言葉を見て、0からのスタートでも学ぶ環境があるのではないかと思ったこと。学生時代のアルバイトでは時間帯責任者を任されており、そこで仕事の責任の重大さを学んだ。

動画の内容をまとめると・・・?

会社の雰囲気はいかがですか?

 年の離れた上司、年の近い先輩、中国から来ている方など、誰とでも楽しく会話ができる、アットホームな職場だと思います。

研修はいかがですか?

 製図を行うのは初めてで不安でしたが、PAPには初心者でも優しく教えてくれる環境が整っており、分からない事は優しく指導してくれる先輩ばかりで、安心することができました。

研修を終えて、仕事へ就く意気込みを教えてください。

 研修は3ヶ月という短い期間でしたので、仕事に必要な知識は全て学べたわけではないと思います。まずは研修で学んだことをしっかりと覚え、またこれから学ぶことを吸収していき、早く一人前になりたいと思います。

近い将来の目標を教えてください。

 まずは自分に任された仕事を確実にできるようになりたいです。そしてこれから入ってくる後輩に、自分が先輩から受けたように、優しく会話やアドバイスができたらいいな、と思います。