株式会社PAP
採用ホーム > 先輩社員インタビュー > Vol.2 藤田 博一 編

先輩社員インタビュー Vol.2 藤田 博一 編

スペシャルムービー

このインタビューを受けてくれたのは・・・?


藤田 博一

HIROKAZU FUJITA

名古屋工業大学 工学部
電気情報工学科 出身

 元々数学が好きだったこともあり、大学では電気と情報について学ぶ。大学卒業後、株式会社PAPに新卒で入社。電気設計の仕事は奥が深く、仕事で使用する様々な機器を、どうやって使えば動作するのかなど、複雑なことを1個1個紐解いて行くのが仕事の醍醐味とのこと。現在は研修をしており、休みの日にはレポートに追われている。

動画の内容をまとめると・・・?

仕事の内容を教えてください。

 私は電気設計をの仕事しています。電気設計とは、大きな機械を動かすための部材の設計と、その部材同士をどのようにつなぐのかを考えて図面を書くのが仕事です。

仕事のやりがいはなんですか?

 私は大学では、どちらかというと電気よりも電子について学んで来ました。電気設計は初めてでしたが、上司に熱心に指導してもらい、今では部下を持つことができるまでになりました。PAPでは、技術の伝承に重きをおいております。そういった期待に応えることにやりがいを感じます。

印象に残ったエピソードを教えてください。

 自分が初めて行う設計の案件が来た時に、その仕組みを理解して、設計をやり遂げたときはすごく達成感を感じました。自分の成長と共に、仕事の幅が広がるのが楽しいです。また、お客様先で自分が設計した機械を見ることがあるのですが、実際に動いている機械を見た時には感動を覚えました。

PAPでの今の目標はなんですか?

 まだPAPには電気設計の技術者が少ないので、電気設計の技術者を増やし、確固たる売上をあげるチームを作ることです。

PAPで、将来どうなっていたいですか?

 PAPのオリジナル商品を作りたいと思っています。そのために、様々な電気設計のノウハウを身に付けたいです。いつかオリジナル商品を作って、世の中の役に立ちたいです。